【チャットレディってどんなお仕事?】ライブチャットの業務内容とは

「チャットレディ」とは、インターネット上で会話をするお仕事です。

”チャットレディ”と一言で言っても、いくつか種類があり

映像を利用した「ビデオ(ライブ)チャット」・・・ライブチャットレディ

電話を利用した「テレフォンチャット」・・・テレフォンレディ

メールを利用した「メールチャット」・・・メールレディ

以上の3つが、主な業態になります。

昨今では、基本的にチャットレディと言えば「ライブチャット」を指すことが多いです。

チャットサイトの最高峰であるライブチャットは、少し前の時代までは少し珍しい娯楽であり
ある程度の”設備”がないと楽しめない・働けない存在でした。

しかし、ビデオ機能を使った会話が日常生活の中でも一般的なものとなった昨今
利用者・愛好家が劇的に増え、そこで働く女性も増え続けています。

時代の流れと共に、今密かに新たなチャットブームが起きているのです。


チャットレディのお仕事内容とは

ここではチャットレディサイトの主役である、ライブチャットレディの仕事内容を紹介します。

チャットレディになった女性は、登録したサイトにログインし<待機>します。

パソコンもしくはスマートフォンを利用して、チャットサイトにアクセスした後に
自分のコーナーにアクセス(指名)してきてくれたお客さん(ユーザー)と、会話を楽しみます。

そして会話が終わった後は、また待機して次のお客さんを待ちます。

この繰り返しです。

報酬は「1分毎の決められた金額」×「チャット時間」になります。

1時間連続でチャットし続けた場合の「時給」としては
4,000~8,000円となるサイトが多いです。

ちなみに会話時間に関しては、5分で終わってしまう場合もあれば
同じ人と3時間以上しゃべり続ける場合もあり、チャット時間の長さが稼ぐための鍵です。

また、同時に複数の相手とおしゃべりする「マルチ(パーティー)チャット」の場合には
その人数分を<一定の割合で掛け算>することになり、劇的に報酬が増えることになります。

ネットで完結できる接客業

チャットレディは、「接客(サービス)業」の1つであると言えます。

ある意味で、

  • キャバクラ
  • ガールズバー
  • スナック
  • ラウンジ

といった、「夜のお仕事」と似ている部分もあります。

そして、それと同時に

  • カウンセラー
  • セラピスト

といった役目がある場合もあります。

チャットサイトを利用する男性というのは、基本的に会話に飢えています。

「誰かとお話したい!」といった明確な気持ちを持った人が利用するメディアです。

おしゃべりが好きな人

友達がいない人

寂しがり屋の人

急に誰かとしゃべりたくなった人

誰にも言えないことを打ち明けたい人

場合によっては、「牧師さん」と似ている面もありますね・・・

これらに応えることが”業務”です。

そして以上に挙げた従来のお仕事と異なるのが、全てネットで完結できるということです。

この点こそが、チャットレディの特徴であり魅力なのです。

いろいろな「デメリット」が少ない仕事

夜のお店で働いてみたいけど・・・いろいろちょっと抵抗がある

という女性にとっては、

「お店に出勤しなくてもいいキャバクラ」

というのが、その問題を解決できる場合もあります。

また「聞き上手」だったり、人生経験が豊富な女性が求められる仕事でもあります。
(チャットサイトは若い子だからいいということもないのです。)

「話好き」の女性にとっては、天職と言えるかもしれません。

更に<目の前で対面>することがないために、物理的な接触がありません。

髪の毛や体に触られる、といった”女性にとってあるあるなリスク”が存在しないのです。

そういったことが嫌でサービス業を辞めた、という女性もチャットサイトで活躍しています。

チャットレディはいくら稼げるの?

チャットレディの収入(1ヵ月あたり)に関しては、”ひとぞれぞれ”としか言えないものです。

数字で言えば・・・3万~200万円です。

ものすごい範囲ですね。

学生のお小遣い~社長の給料くらい違います。

平均値というのはとれないものであり、それは人それぞれ”スタンス”が異なるためです。

10年以上ずっとOLくらいの給料を稼ぎ続けている人もいれば、
夏休み等の短期間だけがっつり稼ぎ、すぐに辞めてしまう人もいます。

副業なら5~30万円

本業なら30万円~

というのが、とりあえずの「現実的な目標」になります。

「アダルトチャット」であれば、100万円~も現実的に狙える数字です。

チャットレディの働き方

チャットレディの仕事をするにあたり、

  • 直接契約
  • 代理店契約

という、<登録>に関する形式と

  • 在宅チャットレディ
  • 通勤チャットレディ

という、「働く場所」に関する選択があります。

これらはいずれも”どっちでもいい”ものですが、1つ1つ解説しておきます。

直接契約と代理店契約

チャットレディの登録の仕方として、

  • チャットサイトに”直接”契約する
  • ”代理店(事務所)”に登録して仕事(サイト)を紹介してもらう

この2つの方法があります。

「直接契約」の場合には、そのサイトのチャットレディとして働くことになる一方で
「代理店契約」の場合には、いろいろなサイトを選ぶことができます。

従来は、直接契約ができるサイトを選ぶ女性も多かったですが
昨今では、チャットレディの管理を代理店に任せるサイトが増えており
代理店に登録して、チャットの仕事を始める女性が増えています。

それぞれにメリット・デメリットがありますが、事務所に所属する方が何かと楽なのです。

詳しくはチャットレディのサイトへの登録方法

在宅チャットレディと通勤チャットレディ

働く場所に関するものは、非常に単純です。

自宅かチャットルームか

の2択になります。

チャットレディの仕事は、「在宅ワーク」の1つとしても知られており
自宅で好きな時間に働ける仕事、というがチャットレディのイメージでもあります。

そのイメージも正しいものになりますが、「在宅チャットレディ」と同じだけ
実は通勤チャットレディとして、チャットルームに通っている女性も多いのです。

ただし、チャットルームを利用できるのは代理店契約をしている女性に限ります。

それはチャットルームを運営しているのは、事務所(代理店)だからです。

直接契約の女性のために、チャットルームを運営しているサイトもありますが
代理店経営のチャットルームに比べて、その数は少ないものになります。

どんな女性も受け入れられて楽しく稼げる仕事

チャットレディ自体には、誰でも簡単になることができます。

また男性の”好み”というのは様々であり、

  • 見た目
  • 体格
  • 性格
  • 雰囲気
  • 話し方
  • 得意な話題

どんな女性であっても、気に入ってくれるユーザーがいるはずです。

初めてのお客さんから、「リピーター」を作ることが
チャットレディの仕事で稼ぐこと、続けるためのモチベーションを保つに必要なことです。

そのためには、「話しやすい相手」になることが何より大切です。

一方で、やはり大切なのは「相性」であるとも言えます。

ありのままのキャラなのか

相手によってキャラを変えることができるのか

そのバランスも、重要なものになります。

何よりも、自分が楽しむことが大切です。

まずは、誰か1人の

「恋人とも友達とも違う何となく何でも話せる誰か」

という存在になることから、始めてみましょう。